3DSCFWのセットアップを完了する

3DSに便利なソフトをインストールしてセットアップを完了します。

CFW(B9S、Luma3DS)をまだ導入していない場合は、自分の本体FWに合った方法で導入を完了してください。

自作ソフトの詳しい使い方は、別記事をご覧ください。
ここではインストールのみを行います。

必要なファイル

セットアップ

SDカードにファイルをコピー

SDカードのルートに「cias」フォルダを作成し、以下のファイルをコピーします。

  • hblauncher_loader.zipにあるhblauncher_loader.cia
  • lumaupdater.cia
  • FBI.cia
  • DSP1.cia
  • Anemone3DS.cia
  • Checkpoint.cia

SDカードのルートに「3ds」フォルダを作成して、FBI.3dsxをコピーします。

SDルートの「luma」フォルダに「payloads」フォルダを作成します。

GodMode9.zipを解凍します。

  • /luma/payloads/に、GodMode9.firmをコピーします。
  • SDカードのルートに、「gm9」フォルダをコピーします。

/gm9/scripts/に以下のファイルをコピーします。

  • setup_ctrnand_luma3ds.gm9
  • cleanup_sd_card.gm9

 

本体を更新する

本体設定を開いて、その他の設定から本体の更新をタッチします。
更新の間は電源を切らないように、注意してください。

FBIを立ち上げる

ダウンロードプレイを開きます。

(L)+(Down)+(Select)を同時に押して、Rosalinaメニューを開きます。
“Miscellaneous options”を選択します。

“Switch the hb. title to the current app.”を選択します。

(B)ボタンでRosalinaメニューを終了して、(HOME)を押してダウンロードプレイを終了します。

もう一度ダウンロードプレイを開くとHBLが起動するので、FBIを立ち上げます。

CIAインストール

SDからciasを開きます。

“<current directory>”を選択します。

“Install and delete all CIAs”を選びます。

これでciasにあったファイルが全てインストールされます。
インストールが終了したら、(HOME)を押してダウンロードプレイを終了します。

DSPダンプ

DSP1を開きます。

終了したら(B)ボタンでアプリを削除して。ホームメニューに戻ります。

CTRNAND Luma3DS

SDカードなしで、CFW導入済みの3DSを起動できるようになります。

(START)を押しながら、本体の電源を入れてGodmode9を起動します。
essential filesのバックアップを作成するよう求められたら、(A)を押してバックアップします。

(HOME)を押して、“Scripts…”を選択します。

“setup_ctrnand_luma3ds”を選択します。

指定されたボタンを入力して、(A)ボタンで終了します。

NANDバックアップ

(HOME)を押して、“Scripts…”を開きます。

“Backup SysNAND”を選択します。

(A)ボタンを押してバックアップを完了します。

/gm9/out/にある「<date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin」「essential.exefs」を、PCの安全な場所やオンラインストレージにコピーしてください。
コピーしたら、SDカードから削除して構いません。

SDカードから不要なファイルを削除する

(HOME)を押して、“Scripts…”を開きます。

“cleanup_sd_card”を選択します。

自動で不要なファイルが削除されます。
これでセットアップ完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です