PKSMの使い方 -ポケモンチートツール-

PKSMとはポケモンのセーブデータを3DS上で改造することができる自作アプリです。
CFWとHBLのどちらかを導入していないと使用できません。

最新作のポケットモンスターウルトラサン・ムーンはもちろん、今までにDSと3DSで発売されたポケモン本編全てに対応しています。

準備

セーブデータバックアップ

PKSMで改造する前に何かあった時のために、セーブデータをバックアップすることをおすすめします。

DSの場合はCheckpoint、3DSの場合はJKSMまたはCheckpointでバックアップしてください。
詳しくはCheckpointの使い方JKSMの使い方をご覧ください。

必須ではないので飛ばしても大丈夫です。

ダウンロード&インストール

PKSMの最新リリース
CFWで使うならCIAファイルを、HBLならzipファイルをダウンロードしてください。

  • CIAファイルの場合
    SDカードにコピーしてFBIでインストールします。インストール方法が分からなければFBIの使い方をご確認ください。
  • zipファイルの場合
    Rosalinaベースならrosalinaフォルダ、haxベースならhaxフォルダの中身を3dsフォルダにコピーします。

使い方

CIAはホームメニューから、それ以外はHBLからPKSMを起動します。
初回起動時はインターネットから必要なデータをダウンロードするので、無線通信をONにしてから起動して下さい。

これがスタート画面です。この画面で改造したいタイトルを選択します。
今回はポケットモンスターサンを使って解説します。

 

これがメインメニュー画面です。この画面は全タイトル共通です。
編集し終えたら、STARTボタンで保存して終了できます。
DSタイトル(プラチナ)では今のところバンクとポケモンには対応していませんでした。

バンク

ポケモンバンクの自作版です。
ボックスのポケモンをAボタン、タッチで掴んでバンクに保存できます。
バンクはデフォルトで1~150あります。

  • アイコン
    ボックスを丸ごと移動します。
  • X: 確認
    ステータスを確認できます。
  • ボックス削除
    ボックスを丸ごと削除します。
  • 逃がす
    選択しているポケモンを逃がします。
  • ダンプ
    選択しているポケモンをpk7形式でSDカードに保存します。

ポケモン

ボックスのポケモンをAボタン、タッチで選んで編集できます。

 

これが編集画面です。
ボールや性別もタッチすることで変更できます。

イベント(3DS)

ふしぎなおくりものです。ふしぎなカードを保存して受け取ることができます。

 

試しに映画で配布されたサトシのピカチュウを選択しました。
設定が終わったらSTARTボタンで書き込むことができます。
LRボタンでキャップの種類を変更できます。

  • 言語
    選択したカードの言語です。JPN以外は受け取らないでください。
  • 不思議なカードを上書き
    「はい」にすると他のカードを上書きできるようになります。上書きされたカードは削除されます。
  • 不思議なカードの言語変更
    基本的に「いいえ」のままで問題ないです。
  • 不思議なカードをスロットに書き込む
    書き込む場所を選べますが、不思議なカードを上書きを「はい」にしていないと上書きできません。

 

日付は変ですが、ふしぎなカードはちゃんと保存されていました。

 

受け取りも問題なくできました。

イベント(DS)

プラチナの場合は、ふしぎなカードは保存されていませんでしたがフレンドリーショップの配達員からポケモンとアイテムは受け取ることができました。

一度で保存できるふしぎなおくりものは一つみたいです。

設定、スクリプト、クレジット

これらはあまり関係ないので操作する必要はないです。特に設定はいじらない方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です