ver.4.0.0~8.1.0の3DSにSoundhaxを使ってCFW導入

Ver. 7.2.0-17Jの3DSを手に入れたので、CFWを導入したいと思います。
この方法はver.4.0.0~8.1.0で有効です。

必要なファイル

CFW(boot9strap,Luma3DS)インストール

SDカードにファイルをコピー

SDカードのルートに以下のファイルをコピーしてください。

  • Soundhaxの.m4aファイル
    • 本体によってファイル名は異なります。
  • otherapp.bin
  • boot.3dsx
  • SafeB9SInstaller.zipにあるarm9.bin
  • Luma3DS.7zにあるboot.firm

boot9strapという名前のフォルダを作成して、boot9strap.zipからboot9strap.firmboot9strap.firm.shaをこのフォルダにコピーします。

boot9strapのインストール

SDカードを3DSに挿入して、ニンテンドー3DSサウンドを開きます。

SDカードから“<3 nedwill 2016”を選択します。
失敗した場合は、もう一度やり直してください。

画面が切り替わったら、上画面の指示通りにボタンを押してください。

(A)を押すと再起動してLuma3DSの設定メニューが表示されます。
「Show NAND or user string in System Settings」をオンにします。

(START)を押して、設定を保存して再起動します。

これでCFW(B9S、Luma3DS)を導入できました。
次の手順に進んで、セットアップを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です